仏像の話 彫刻と僧の師匠

仏像ドットコム・東洋仏所仏像事典(写真画像付き)サイト概要仏師、瑞雲の略歴
[お問い合わせ][ お見積もり][ご注文][特定商取引法に基づく表記]
I am butsuzou.
テーマページのご案内
 サイトマップ
 仏像初詣 ご利益で検索
 商売繁盛、金運の神仏集
 携帯仏像
 アート仏像米国個展作品
 アート仏像お仏壇用
 仏師 瑞雲の製作風景
 お客様の声
仏像販売木彫
仏像の知識  写真画像で学ぶ
仏像の質問回答集
イベント情報  仏師 瑞雲の彫刻展など
フレーム版 
各種サービス
法味言上(有料)サービス
信仰上の相談(無料)サービス

開眼供養サービス
神仏祭祀の心得
仕上げ方法
仏像の仕上げ方法と材料
木地仕上げ
極彩色仕上げ
淡彩色仕上げ
金箔仕上げ
修復
仏像修復のおすすめ
修復例と申し込み
修復の実際
仏具
厨子
姉妹サイト
ギャラリーとコミュニティー
仏像彫刻ワールド
首都圏彫刻教室
東京千葉の各教室6校のご案内。「無心に彫る」ということは、心身を若返らせ、心にさとりを、人生に希望を与えてくれます。当彫刻は最も大切な基礎(小刀の使い方)に始まり、仏足、仏手、お顔、仏頭、全身像という具合に進みます。観音、如来不動像など短期間に彫れようになります。
BIWCC仏像彫刻通信講座
全国どこからでも入会可能。只今、受講生募集中です。

仏像霊験記(仏師、瑞雲編)
今昔物語集文語体の説話を現代語訳短編霊験談に執筆。神仏への理解と心の癒しが手短に出来ます。
仏師、瑞雲の法話
この法話は、宗教や宗派を越えて、人々が等しく真実の仏の教えに浴し、心の平安と人生の真の意味を得て貰いたいという個人的悲願から執筆しております。
ご利用案内
ご注文方法
お支払い方法とお届け
代金引換手数料無料 詳細はお支払いについて
送料無料
(5,000円以上のお買い上げ)

お買い上げ5,000円未満の場合は送料お客様負担
詳しくは
送料について
返品、交換について
個人情報の保護について
サイト概要
特定商取引法に基づく表記

僧侶の師匠は傑物

キセルの思い出
 今時、キセルとは何だろうと思われる方もいらっやるでしょう。これは私の僧侶の師匠の形見なんです。修業時代に、キセルできざみたばこを吸うのが好きだった師匠からもらったもので今でも大切にしています。 師匠はマスコミにもてはやされ霊感僧侶として一世を風靡した人でしたが、人間的には心を許せない面がありました。強烈な個性の持ち主で後にも先にもあのような名僧というか傑物を見たことがありません。テレビやラジオに出演して多くの人を助けましたが、反面、傍若無人なところがあって人から嫌われる面もありました。
 私は師匠にキセルで2回ほどたたかれたことを忘れません。眼鏡も割れましたから、かなり痛かったんです。私が怒られるようなことをしたから仕方がないんですが、あのころの悔しい思いをわすれないようにキセルは大切に保存して行こうと思います。
 で、どうしてその方の弟子になったかというと、運命ですね、師匠の甥っ子さんが大学の同級で親友になったことと、師匠に初めてお会いしたとき、師匠に「俺のもとで修行しろ」と言われ、その夜に夢に師匠と一緒に五百羅漢のような格好をして修行するという夢を見て、この師匠が運命の方だと確信したんです。 私は師匠のもとで12年間僧侶の修行をしました。その間、10年間は仏画や仏像彫刻の勉強をしました。これは師匠のお兄さんに当たる大観先生の御陰です。

人生の師匠 大観先生

大観先生は深く観音様を信仰されおり人格も出来た人で師匠や、弟子の私たちのことまで面倒を見てくださいました。前に出ることがお嫌いな方で、困っている人があればだれでも損得なしに助けてくださる方でした。実に観音様の化身のようなところがあり、先生が祀られておられる観音様のご神託によって彫刻を勉強していましたので師匠も黙認してくれたようです。仏師になるのなら、京都へ行って仏師の弟子になるのが良いのかも知れませんが、どうあがいても、観音様にお願いしても、「30才で独立できるから動かぬように」と大観先生を通じて観音様のお諭しがあったので、それを信じて頑張ったんです。確かにちょうど30才で結婚もし仏師として仕事が来るようにもなりました。私は大観先生から修業時代は毎晩、独立後もことあるごとにあらゆる人生のこと、芸術のこと、人の生き方を学びました。人生の師匠であり大恩人なんです。

仏像彫刻の師匠は観音様

 私には決まった仏像の師匠はおりません。独学で、壁に当たったら観音様にお願いして導いてもらっておりました。仏像彫刻を始めてから3年くらい経った頃、仏像を彫っても、なかなか仏像になりません。お顔が思った通りに彫れないので、そこを一生懸命にいじくると余計におかしくなるという具合で困り果てる有様でした。すると大観先生を通じ観音様からご神託がありました。「己を無にして自然に彫るように」とのお諭しで、それからは自分の心を無にして彫っていましたら、ある日、ふと気づいたんです。「ああ、そうか、仏像はこうして彫れば良いのだ」と一つ開眼出来ました。
 また、あるとき観音様から「仏師として彫刻の開眼をさせてやるから、いまから述べる仏像を白檀材で彫るように」とのご神託を受け、先生と横浜に白檀を取り扱っている店があるので材料を買いに行き、観音様のおっしゃるとおりに数体の仏像を白檀で彫りました。いまになってみれば、このことが技術の開眼になったんですね。大観先生は亡くなられて今年の8月が三回忌ですが、今でも観音様は彫刻の師匠なんです。
 えっ?「観音様が仏像彫刻のお師匠さん」と不思議に思われる方は仏師、瑞雲の法話に観音様との出会いを詳しくかいてありますので読んでください。
仏像の話TOP
阿修羅像の話
彫刻と僧の師匠
仏像の御衣木加持
造仏のご利益
仏像購入のポイント
開眼供養

Copyright 2000-2020 東洋仏所 仏師、松田瑞雲 無断転用禁止
日本製国産仏像彫刻 制作販売の店