仏像ドットコム・東洋仏所仏像事典(写真画像付き)仏像初詣・ご利益で検索仏像ドットコム・東洋仏所概要、注文や支払いの方法、特定商取引法に基づく表記、各種割引、開眼供養仏師、瑞雲の略歴お客様の声
解説 販売

梵天像と帝釈天像
仏像事典写真画像付き

三十三間堂二十八部衆のうちの二体が手本
この作品はお仏壇サイズです。

   
梵天像 瑞雲作
リンクはメインページ
木曽檜木地. 商品番号 bonten-h0 
帝釈天像 瑞雲作
リンクはメインページ
木曽檜木地. 商品番号 taisyaku-h0

詳しい画像は解説の下の段です。

梵天像と帝釈天像の解説

 瑞雲作品は三十三間堂の梵天、帝釈天が手本

 このお顔お姿は、京都東山区蓮華王院本堂(三十三間堂)に安置してある二十八部衆のうちの梵天、帝釈天像を参考としています。このお堂には1032体の仏像が祀られていて一体の千手観音丈六坐像を本尊として、それらの脇侍や眷属が護衛する形です。このお堂が出来た1164年というと仏教で言う末法の世に入った頃になります。そのような難解な時代に仏のご加護が効率的にあるようこのお堂にぎっしりと安置されたものです。
 風神と雷神は両脇におかあれ最前列に、この二十八部衆がならびます。戦闘神や色々な楽器を持つ天部の神たちの中で、最高位に位置する梵天、帝釈天像はひときわ威厳があります。このお堂は1249年に京都の大火で一度は被害を受けましたが仏像も再興され、生き生きとした鎌倉彫刻ならではの新鮮さが見られます。

浄土信仰で豪華な仏像を作る風潮があった貴族社会

 これらの仏像は後白河上皇などの命で奈良仏師の先祖とされる康助、康朝らによって作られました。浄土思想が貴族にも浸透して、お寺や仏像を造る善い行いで極楽へ行こうと貴族がこぞって膨大な量の仏像を注文した時代です。仏師が最も活躍出来た良い時代であり、また技術も発展した時期でもありました。

梵天

 中国唐代の貴人の服装姿に天衣を付けています。蓮華王院の像は左手に薬壺のようなものを持っていますが瑞雲作は経巻を持っています。やや眉を中央へ寄せたお顔は何かを憂えている文官のようでもあり、8頭身はあるのではと思えるほど下半身の長いスタイルの良さを助長する長い帯も特徴です。古代インド神話では宇宙を創る原理を梵といい、これを神格化した神であり、梵天勧請(ぼんてんかんじょう)といってお釈迦様に、全てのものは因果の法則によって起こるという悟りの内容を人々に説いて聞かせるよう懇願したことで有名であります。このことが、蓮華王院の像のように眉間を中央に寄せ、何かを憂えている眉に彫刻されたのではないでしょうか。これが、ではお釈迦様が悟りを開かれたとき、全てのものは因果の法則によって起こるという悟りの内容は人々に説いて聞かせてもわからないだろうから説法は止めようとされた事への遺憾の表情なのでしょう。
 このような眉の形をした仏像には奈良法隆寺四天王(飛鳥時代 木像 国宝 4体)があります。この時期特有のアルカイックスマイルの口元と遺憾の表情の眉の対比がおもしろいです。

帝釈天

 帝釈天は、蓮華王院の像は袈裟の下に甲冑を付け金剛杵を持つ姿でリグヴェーダでは最強の神で、二頭立ての馬車や象に乗り金剛杵をとって毒竜と戦う戦闘好きな神らしく、また、稲光をひらめかせ雷鳴をとどろかせながら雨を降らせ大地に実りを与えるる神とも太陽神とも賛歌にうたわれる神らしく、おおらかで明朗なお顔に彫刻してあります。則ち、眉が遺憾の表情の梵天と対比して綺麗な三日月眉でそれもまぶたの部分が普通より広いので、いかにも頼りがいのある兄貴分のお顔であります。口元も梵天より引き締まっていて勇ましく豪快なお顔立ちということのなります。

bonten-h0

 
   

taisyaku-h0

 
   

この作品 仏像販売

仏像名 梵天、帝釈天像
生産地 日本
材質 木曽檜 日本産 
制作者 日本人仏師 瑞雲
仕様 銘刻・木地仕上げ・桐箱入り
彫刻販売価格
(瑞雲作銘刻、木曽檜木地仕上げ、桐箱入り、業者数量割引あり。)
寺院用本尊・寸法・極彩色。金箔・彫刻度・をご指定の場合はお見積もりをご利用ください。
商品番号 身丈
髪際から足裏
総丈
台座光背含む
材質 彫刻度 通常価格 特別価格
bonten-h0 15cm 26cm 木曽檜 ¥400,000 ¥200,000
taisyaku-h0 15cm 26cm 木曽檜 ¥400,000 ¥200,000

彫刻度★普及仕上げ ★★極上仕上げ ★★★最高仕上げ

仏像販売ガイド

 関連仏像販売

薬王菩薩、薬上菩薩
 薬王菩薩、薬上菩薩も梵天像と帝釈天像のように対をなし、どちらの仏像が薬王で、どちらが薬上なのか見分けが付きません。このように見分けにくい仏像には薬師三尊日光菩薩と月光菩薩像があります。片手に日輪か月輪も持つかで見分けるしかありません。そのような中で、蓮華王院の仏像、梵天のようにやや眉を中央へ寄せたお顔は仏像らしくなく特徴があり個性的でもあります。また、梵天と帝釈天は奈良興福寺薬王菩薩、薬上菩薩像 (鎌倉時代 建仁二年(1202)重文) のように釈迦三尊として祀られる場合があります。これら二菩薩が重要な菩薩として登場するのは法華経「薬王菩薩本事品」で「若有女人。 聞是薬王菩薩本事品。能受持者。尽是女身。後不復受。若如来滅後。後五百才中。若有女人。聞是経典。如説修行。於此命終。即往安楽世界。阿弥陀仏。大菩薩衆。〜」とあり、経典を聞いて修行すれば、臨終の後、阿弥陀如来のいる安楽世界に生まれることが出来ると説かれています。
仏像販売購入ガイド
ご注文方法 詳しくはご注文方法
■お支払いについて
現金書留、郵便振込、銀行振込前払い(3%引き)、代引き、クレジットカード(表示価格)から選択出来ます。詳しくはお支払いについて
■手数料について 現金書留、銀行振込、郵便振替手数料はお客様負担。代引き手数料は無料

消費税について 表示価格に含みます。
■返品交換について
ご注文いただいた商品と違った商品、破損品が届きましたら交換させていただきます。詳しくは
返品・交換、キャンセルについて
■個人情報の保護について
お客様の個人情報は、当店からのご連絡、配送のみに使用し、第三者に譲渡、漏洩しません。
■お届けについて
在庫のある商品は4日〜10日くらいで発送、ご注文品など受注後製作する商品は2週間〜一ヶ月くらいのお時間を頂きます。ご注文後に納品予定日をお知らせ致します。詳しくはお届けについて
送料について
送料無料(5,000円以上お買いあげ)、5,000円未満のお買いあげ お客様負担 詳しくは送料について
■配送業者ヤマト運輸

■お問い合わせについて
常時お問い合わせを受け付けております。
[お問い合わせフォーム]
(〒289-1104)
千葉県八街市文違301−2074 
東洋仏所 松田 瑞雲
電話  043−444−6691   
特定商取引法に基づく表記
仏像の材質について
木曽檜材は日本の木彫像(国宝、重文など)に古来より使用されてきた最高の彫刻材です。かぐわしい香りがして木肌の色艶が美しく、1000年も後の世まで残るほど耐久性にすぐれ時代が経つほど檜の良さがでて来ます。また、檜は「火の木」ともいわれ、陽運を起こす縁起の良い陽木(天に向かってまっすぐ伸びる)ですから全ての材料の中でも飛び抜けた貴重材なのです。仏像の材料と仕上げ方法
仏像の法味言上の薦め
仏像は購入したけれど、お経をしらないのでお経を上げられないという方、「お経があがらないので仏像に悪い霊が寄ってくるのが心配だ」という方は多いでしょう。当仏所では、お求めになられたものや他店で購入された品でも仏師で僧侶の瑞雲が木札にご尊像の名前、祈祷項目を墨書しお客様にお届けしています。仏像は、粗末にされることを一番嫌います。是非、この機会に法味言上サービスを申し込んでみましょう。1回のみのお申込みも受け付けます。
サイトマップ 仏像販売木彫一覧  仏像の種類 仏像の知識 写真画像付き 仏像の質問回答集 仏師、瑞雲の彫刻展、セールなどイベント情報

仏像彫刻ワールド アート仏像・仏師、瑞雲の微笑仏 BIWCC仏像彫刻通信講座
[仕上げ方法][修復][厨子][仏師、瑞雲の法話][お問い合わせ][お見積もり][ご注文][特定商取引法に基づく表記]
Copyright 2010-2020 東洋仏所 仏師 松田瑞雲 無断転用禁止
日本製国産木彫仏像彫刻 制作販売の店