仏像ドットコム・東洋仏所仏像事典(写真画像付き)仏像初詣サイト概要、注文や支払いの方法、通信販売法規、各種割引、開眼供養仏師(仏像彫刻家)、瑞雲の略歴お客様の声
 七面大明神メイン  七面天女木地仕上げ  極彩色七面天女

七面大明神像淡彩色
 仏像販売t1t6

大きなお仏壇、床の間、寺院向きの大きな淡彩色像

 
瑞雲作
七面大明神像淡彩色
総丈45cm・木曽檜材
商品番号sitimen-t6
 21×15.2×45cm 身丈(岩座から頭頂)29.5cm
通常価格\1,000,000
特別販売価格
¥500,000
 ○日本画泥絵の具使用
○乾燥木曽檜材、本純金泥使用
○当方は彫刻と彩色を一貫してこなしています。

 七面大明神と養珠院お万の方

養珠院お万の方

 女人禁制であった七面山へ登り参拝された養珠院(ようじゅいん)お万の方の義父の蔭山家は、代々日蓮宗を信仰しており、万もその影響を受け、日蓮宗中興と仰がれる日遠上人に帰依しました。日遠上人が身延山久遠寺の22世であったとき家康から「日蓮宗の主張する念仏無間の義は経文にない」という誓状を差し出すよう命じられましたが、日遠上人は反対に浄土宗に対し禁じられていた法論を上申したので家康の怒りにるれ死罪を申し渡されようとしました。 そのとき、日遠上人に深く帰依していたお万の方が「上人の法難に殉じる」と家康に申し上げたので、家康はお万の方の願いを認め上人を放免しました。
 お万の方は日遠上人のために徳川頼宣、徳川頼房に命じて大伽藍を建立しました。それが養珠院お万の方が遺言で今も眠る大野山本遠寺です。養珠院お万の方開基で女人信仰の道場として女性の参拝客が絶えないといいます。

淡彩色七面大明神像について

 この七面大明神像は裙(くん)が白緑青色、にがい襠衣(がいとうい)は朱色で主な色になっています。また、肩の背子(はいし)は落ち着いた色の焼白群青色で一部金泥を使用し法相華の文様を描いてあります。女性神らしい華麗な配色ですがとても落ち着いた淡彩色仕上げです。奈良時代から鎌倉時代へかけて残っている国宝、重文仏画、彫刻を参考に淡彩色を施した作品です。
 
   
瑞雲作オリジナル淡彩色
七面天女像
総丈30cm・木曽檜材
商品番号sitimen-t1
¥328,000

仏像販売ガイド 七面大明神像

以下淡彩色
sitimen-t1 20cm 30cm 木曽檜
淡彩色
★★★ ¥550,000 ¥328,000
 sitimen-t6 29.5cm 45cm 木曽檜
淡彩色
★★★  ¥1,000,000  ¥500,000

 仏像の感想とご相談

仏師、瑞雲さま、こんにちは。七面大明神像淡彩色像を注文しました者です。母が大変喜んでおります。母は80歳間近ですが昨年は念願の七面山に登詣出来ました。七面山の登山では皆様にご迷惑をおかけしました。お寺のお上人が手をひっぱたり後ろから尻を押したりと苦労されますが、母は頑固に「引っ張っても押しても無駄なことだよ、自分のペースで少しずつ少しずつ」と言いながら頂上めがけて登りきりました。お上人や一緒に登詣された信徒のみなさんご迷惑をおかけしました。登り切ったあと母は感激で喜んでいるのか泣いているのか分からないほどでした。でも、次の日、日本晴れのご来光を見られて、感激もひとしお、素晴らしい登山になりました。また、今年は先生の七面天女様のお仏像をお迎え出来て嬉しいことと続きの年になりました。
 先生は東京と千葉で仏像彫刻教室を開かれていらっしゃるそうですね。私も高齢になってきましたので、そろそろ趣味をと考えています。しかし、どうせするなら信仰に関した趣味が良いです。仏像彫刻彫刻は私どものように高齢者でも出来るものでしょうか。先生は通信教育もなさっておられるので、もし許されるなら直接、教室に出向くか通信に入会してみたいです。仏像を彫ることは写経と同じで仏さまへの浄行として大きな功徳を積むことになり、自分自身のボケ防止にもなり健康にも大変良いことかと思います。なお、彫刻刀を取るというのは尋常小学校以来です。東京 当店お客様

■回答 瑞雲 七面大明神像淡彩色像をご注文いただき有り難うございました。皆様に喜んでいただき嬉しいです。また、ご母堂様はお達者で何よりです。80歳間近で願の七面山に登詣されたということはお山の七面天女さまに呼ばれたんですね。そして天女様に「良く来た、人は老いからは逃れられない、これからは七面山に登詣出来なくなる年になるから七面天女の仏像を私だと思って拝むように」とおっしゃったことでしょう。だから、今年仏像をお迎え出来たのです。
 さて、仏像彫刻教室のお話ですがお年に関係なく趣味として長く続けられます。私の教室の生徒は65歳くらいから始めた人が多くて、皆さんのお年平均70代半ばでしょうか。最高齢が85歳で今も元気に電車に乗って教室に通って来られます。皆さん、彫刻を趣味以上のライフワークとなって楽しんでおられ、また宗教心も必要なことですし、悟りに入ったような穏やかで明るい生徒が多いです。「善は急げ」といいます、直接手を取って教えてもらえる実際の教室にご入会ください。基本から指導します。
販売購入ガイド
■お支払いについて
現金書留、郵便振込、銀行振込前払い(3%引き)、代引き、クレジットカード(表示価格)から選択出来ます。詳しくはお支払いについて
■手数料について 現金書留、銀行振込、郵便振替手数料はお客様負担。代引き手数料は無料

消費税について 表示価格に含みます。
■返品交換について
ご注文いただいた商品と違った商品が届きましたら交換させていただきます。詳しくは
返品・交換について
■個人情報の保護について
お客様の個人情報は、当店からのご連絡、配送のみに使用し、第三者に譲渡、漏洩しません。
■お届けについて
在庫のある商品は4日〜10日くらいで発送、ご注文品など受注後製作する商品は2週間〜一ヶ月くらいのお時間を頂きます。ご注文後に納品予定日をお知らせ致します。詳しくはお届けについて
送料について
送料無料(5,000円以上お買いあげ)、5,000円未満のお買いあげ お客様負担 詳しくは送料について
■配送業者ヤマト運輸

■お問い合わせについて
常時お問い合わせを受け付けております。
[お問い合わせフォーム]
(〒289-1104)
千葉県八街市文違301−2074 
東洋仏所 松田 瑞雲
電話  043−444−6691   

特定商取引法に基づく表記
淡彩色像に似合う木曽檜
我が国は他国より木材が豊富です。特に木曽檜材は岐阜や長野の山奥に生息する貴重材で、木質、耐久性に優れていて、気品と風格があり、木曽檜材で仏像を彫刻すると美しい光沢と木独特の暖かみが出ます。また淡彩色像にも相性が良く檜の木目は残したまま淡く美しい彩色が可能です。したがって1000年以上も昔から寺院の仏像に使用されており、その耐久性の良さは誰もが認める珍重材です。
サイトマップ 仏像一覧 仏像の知識 仏像の質問回答集 仏像の話 仏像リスト

[仕上げ方法][修復][厨子][瑞雲の法話][お問い合わせ][お見積もり][ご注文][特定商取引法に基づく表記]

Copyright 2010-2040 仏像ドットコム・東洋仏所 仏師 松田瑞雲 無断転用禁止
日本製国産木彫仏像彫刻 制作販売の店